第3回日本微生物学連盟フォーラム報告

第3回微生物学連盟市民フォーラム
「薬が効かない感染症の話-薬剤耐性感染症の現状とその対策」 報告

平成26年4月26日に東京大学駒場キャンパス21KOMCEE (Komaba Center for Educational Excellence) にて第3回微生物学連盟市民フォーラム「薬が効かない感染症の話‐薬剤耐性感染症の現状とその対策」が日本学術会議・基礎医学委員会病原体学分科会ならびに日本微生物学連盟の主催にて開催されました。

本フォーラムは日本細菌学会、日本感染症学会、日本寄生虫学会、日本医真菌学会、日本ウイルス学会、日本微生物生態学会、日本化学療法学会の7学会の共催をいただきました。

本フォーラムでは当該領域の一線級の研究者により抗菌薬をはじめとする抗微生物薬が効かない各種感染症の現状とその対策について、最新の知見を市民の方々に理解しやすく講演していただきました。講演後の質疑応答ならびに最後の総合討論でも活発な議論が行われました。参加者は100名を超え、所定の目的は十分達成されました。

昨年のG8首脳会議(サイエンスミーティング)においても抗生物質に対する耐性問題が主要議題となり、その対策がG8か国の喫緊の課題であることが表明されました。加えて本年4月にはWHO(世界保健機構)から114か国からの耐性菌データを基に薬剤耐性菌感染症が公衆衛生学的脅威となっていること、更にこれらの感染症への対策の重要性が報告されました。本市民フォーラムにて取り上げられたテーマの重要性が再確認された次第ですし、本フォーラムの開催のみならず、引き続きこのような啓発活動が関連学会に求められているものと考えます。

共催学会より選出されました学術コーディネーター・演者・司会者の先生方のご協力に感謝申し上げますとともに、IAMP(インターアカデミー・メディカルパネル)およびIAP(科学アカデミーグローバルネットワーク)が策定した「薬剤耐性:対応要請」(日本語版)(講演抄録集に添付)をご提供いただきました日本学術会議副議長の春日文子先生に深謝申し上げます。

平成26年5月7日

日本学術会議基礎医学委員会病原体学分科会・日本微生物学連盟主催
第3回市民公開フォーラム 「薬の効かない感染症の話-薬剤耐性感染症の現状とその対策」
企画調整担当 神谷 茂 (日本細菌学会理事長)