総会

2018年開催の第91回総会について

会期:2018年(平成30年)3月27日(火)~3月29日(木)
会場:福岡国際会議場
会長:林 哲也(九州大学大学院医学研究院病態制御学講座細菌学分野)
大会HP:http://www.aeplan.co.jp/jsb2018/

2019年開催の第92回総会について

会期:2019年(平成31年)3月27日(水)~3月29日(金)予定
会長:山口博之(北海道大学大学院保健科学 研究院病態解析分野感染制御検査学研究室)

過去の総会

開催年 内容 総会長(開催場所) 会員数
2017 第90回日本細菌学会総会 赤池孝章 (仙台)  
2016 第89回日本細菌学会総会 堀口安彦 (大阪)  
2015 第88回日本細菌学会総会 江崎孝行 (岐阜)  
2014 第87回日本細菌学会総会 渡邉治雄 (東京)  
2013 第86回日本細菌学会総会 山本友子 (千葉) 2,679名
2012 第85回日本細菌学会総会 平山壽哉 (長崎) 2,733名
2011 第84回日本細菌学会総会/IUMS2011合同 中根明夫 (札幌) 2,717名
2010 第83回日本細菌学会総会 笹川千尋 (横浜) 2,946名
2009 第82回日本細菌学会総会 太田美智男 (名古屋) 3,095名
2008 第81回日本細菌学会総会 光山正雄 (京都) 3,017名
2007 第80回日本細菌学会総会 本田武司 (大阪) 3,051名
2006 第79回日本細菌学会総会 中村信一 (金沢) 3,074名
2005 第78回日本細菌学会総会 内山竹彦 (東京) 3,131名
2004 第77回日本細菌学会総会 浜田茂幸 (大阪) 3,223名
2003 第76回日本細菌学会総会 前田 浩 (熊本) 3,186名
2002 第75回日本細菌学会総会 島村忠勝 (横浜) 3,239名
2001 第74回日本細菌学会総会 篠田純男 (岡山) 3,303名
2000 第73回日本細菌学会総会 皆川知紀 (札幌) 3,436名
1999 第72回日本細菌学会総会 吉川昌之介 (東京) 3,459名
1998 第71回日本細菌学会総会 寺脇良郎 (松本) 3,442名
1997 第70回日本細菌学会総会 中野昌康 (宇都宮) 3,397名
1996 第69回日本細菌学会総会 天児和暢 (福岡) 3,310名
1995 第68回日本細菌学会総会 竹田美文 (京都) 3,422名
1994 第67回日本細菌学会総会 小澤 敦 (東京) 3,206名
1993 第66回日本細菌学会総会 加藤延夫 (名古屋) 3,289名
1992 第65回日本細菌学会総会 吉田昌男 (盛岡) 3,380名
1991 第64回日本細菌学会総会 井上公蔵 (大阪) 3,315名
1990 第63回日本細菌学会総会 川田十三 (徳島) 3,381名
1989 第62回日本細菌学会総会 加藤 巌 (東京) 3,450名
1988 第61回日本細菌学会総会 金政泰弘 (岡山) 3,405名
1987 第60回日本細菌学会総会 横田 建 (東京) 3,353名
1986 第59回日本細菌学会総会 蜂須賀養悦 (東京) 3,394名
1985 第58回日本細菌学会総会 斎藤和久 (東京) 3,322名
1984 第57回日本細菌学会総会 飯田広夫 (札幌)  
1983 第56回日本細菌学会総会 小谷尚三 (大阪)  
1982 第55回日本細菌学会総会 村田良介(東京)  
1981 第54回日本細菌学会総会 武谷健二 (福岡)  
1980 第53回日本細菌学会総会 宮村定男 (新潟) 2,580名
1979 第52回日本細菌学会総会 佐々木正五 (平塚) 2,400名
1978 第51回日本細菌学会総会 高木 篤 (米子) 2,627名
1977 第50回日本細菌学会総会 天野恒久 (大阪) 2697名
1976 第49回日本細菌学会総会 常松之典 (東京) 2554名
1975 第48回日本細菌学会総会 西田尚紀 (金沢) 2,138名
1974 第47回日本細菌学会総会 山中太木 (京都) 2432名
1973 第46回日本細菌学会総会 牛場大蔵 (東京) 2471名
1972 第45回日本細菌学会総会 石田名香雄 (仙台) 2348名
1971 第44回日本細菌学会総会 柳沢 謙 (東京) 2084名
1970 第43回日本細菌学会総会 田部井 和 (京都) 2089名
1969 第42回日本細菌学会総会 吉田長之 (徳島) 2008名
1968 第41回日本細菌学会総会 秦 藤樹 (東京) 1954名
1967 第40回日本細菌学会総会 小笠原一夫 (名古屋) 1651名
1966 第39回日本細菌学会総会 占部 薫 (広島) 1693名
1965 第38回日本細菌学会総会 清水文彦 (東京) 1855名
1964 第37回日本細菌学会総会 青木義勇 (長崎) 1,495名
1963 第36回日本細菌学会総会 藤野恒三郎 (大阪) 1,432名
1962 第35回日本細菌学会総会 小笠原一夫 (名古屋)  
1961 第34回日本細菌学会総会 矢追秀武 (横浜) 1,520名
1960 第33回日本細菌学会総会 山田守英 (札幌)  1,616名
1959 第32回日本細菌学会総会 秋葉朝一郎 (東京) 1,618名
1958 第31回日本細菌学会総会 村上 栄 (岡山)   
1957 第30回日本細菌学会総会 川喜多愛郎 (千葉)  
1956 第29回日本細菌学会総会 六反田藤吉 (熊本) 1,658名
1955 第28回日本細菌学会総会 木村 廉 (名古屋)  
1954 第27回日本細菌学会総会 小林六造 (東京) 1,837名
1953 第26回日本細菌学会総会 伊藤泰一 (新潟) 1,252名
1952 第25回日本細菌学会総会 戸田忠雄 (福岡) 1,370名 
1951 第24回日本細菌学会総会 細谷省吾 (東京) 1,306名 
1950 第23回日本細菌学会総会 黒屋政彦 (仙台) 1,183名 
1949 第22回日本細菌学会総会 谷 友次 (金沢)  
1948 第21回日本細菌学会総会 寺田正中 (東京)  
1947 第20回日本細菌学会総会 谷口腆二 (大阪)  
1946 第19回日本細菌学会総会 木村 廉 (名古屋)  
1944 第18回日本細菌学会総会 木村 廉 (名古屋)  
1943 第17回日本細菌学会総会 鶴見三三 (名古屋)  
1942 第16回日本細菌学会総会 三田村篤志郎 (東京)  
1941 第15回日本細菌学会総会 太田原豊一(熊本)  
1940 第14回日本細菌学会総会 北島多一 (東京)  
1939 第13回日本細菌学会総会 中村 豊 (札幌)  
1938 第12回日本細菌学会総会 常岡良三 (新潟)  
1937 第11回日本細菌学会総会 宮路重嗣 (新潟)  
1936 第10回日本細菌学会総会 秦 佐八郎 (東京)  
1935 第9回日本細菌学会総会 谷口腆二 (大阪)  
1934 第8回日本細菌学会総会 竹内松次郎 (東京)  
1933 第7回日本細菌学会総会 小川政修 (福岡)  
1932 第6回日本細菌学会総会 大庭士郎 (名古屋)  
1931 第5回日本細菌学会総会 竹内松次郎 (東京)  
1930 第4回日本細菌学会総会 谷口腆二 (大阪)  
1929 第3回日本細菌学会総会 長与又郎 (東京)  
1928 第2回日本細菌学会総会 清野謙次 (京都)  
1927 第1回日本細菌学会総会 北里柴三郎先生
*開会宣言:志賀潔(東京)