グラム陰性通性嫌気性菌

腸内細菌科

赤痢菌

セラチア

ビブリオ科

ブルニフィカス

その他のグラム陰性通性嫌気性桿菌

エロモナス

グラム陰性好気性桿菌

百日咳菌

ブルセラ

バルトネラ

レジオネラ・ニューモフィラ

コクシエラ

グラム陰性好気性球菌および球桿菌

淋菌

アシネトバクター属菌

らせん菌群

カンピロバクター

ヘリコバクター・ピロリ

グラム陽性球菌

ブドウ球菌科

黄色ブドウ球菌

レンサ球菌科

化膿レンサ球菌

グラム陽性芽胞形成桿菌

炭疽菌

ガス壊疽

ボツリヌス

グラム陽性無芽胞桿菌

リステリア・モノサイトゲネス

放線菌とその関連細菌

ジフテリア

らい

マイコプラズマ

その他のマイコプラズマ

クラミジア

肺炎クラミジア

アメーバ共生クラミジア

口腔細菌

口腔細菌

ミュータンスレンサ球菌

ようこそ不思議な細菌の世界へ

マイコプラズマ

マイコプラズマ・モービレMycoplasma mobile

淡水魚のエラに壊死を起こすと考えられているマイコプラズマ・モービレ(以下、モービレと略)は長さ約1マイクロメートルほどの小さな細菌です。モービレや、ヒト肺炎の原因菌として知られるマイコプラズマ・ニューモニアエは菌体の片側に“滑走装置”を形成し、その突起で動物組織など固形物の表面にはりつき、滑るように動く“滑走運動”を行います。マイコプラズマの滑走運動は、寄生、ひいては病原性に密接に関係しています。これまでヒトに肺炎を起こすマイコプラズマ・ニューモニアエをはじめ、十数種類のマイコプラズマが滑走することが見つかっていますが、その最速種がモービレで、その速度は、毎秒4マイクロメートルにも達します。運動性を持つ細菌の多くは、べん毛と呼ばれる尻尾を回転させることで遊泳します。また、ヒト、植物、アメーバなどを含む真核生物は、筋肉と共通の仕組みで動きます。ところが、マイコプラズマの滑走運動はそのどちらとも根本的に異なります。日本細菌学会では、このユニークな運動メカニズムの研究に世界に先駆けて取り組み、多くのことを明らかにしました。すなわち、滑走装置の表面に約50ナノメートルほどの柔らかい“あし”が多数生えています。滑走装置内部でATPが加水分解されると動きが生じ、その動きが細胞膜を超えて“あし”に伝わります。“あし”は宿主表面の構造である、シアル酸オリゴ糖をつかんだり、ひっぱったり、離したりして、菌体を前に進めます。

宮田 真人(大阪市立大学大学院理学研究科)